HOME > 歯周治療のご案内 > 治療の流れ

歯周治療の流れ

歯周病の治療で最も大切なことは歯周病の進行を止めることです。さらには、歯周病により失われた歯周組織を再生させることです。

診査・診断

歯周ポケットの深さ、レントゲン写真で、1本1本の歯の状態を診査して、どの歯にどういった治療をすればよいか、またどのくらいもちそうか、などご説明いたします。

初期治療

歯磨き指導、歯肉縁上・縁下のクリーニングによりプラーク・歯石を口腔内から徹底的に排除します。歯周病の治療を成功させるため、今後健康な状態を維持していくために、最も大切なステップです。

歯周治療イメージ

1) プラークコントロール(歯磨き指導)

歯周病の原因はプラークです。
正しいお口のお手入れの仕方を一緒に練習します。

2)歯石の除去

歯科医師・歯科衛生士により、歯周ポケット内のプラークや歯石を取り除きます。

歯周病の改善が十分でない部位:Step3へ
歯周病の改善が十分な部位:Step4へ

歯周外科治療

歯周治療イメージ

さらに歯周病が進行している部位、歯周病の改善が不十分な部位には、さらなる歯周病の根絶と破壊された歯周組織の回復を目指して、歯周組織への小手術(歯周外科手術)を行います。

この手術の際に、歯周組織再生用材料という手術治療を補助するための歯科用の材料(エムドゲインゲル)が使われる事があります。

1)歯周組織の検査

歯周外科手術を行えるかどうかは、歯周病の程度や患者さんの健康状態によっても異なります。まず歯周ポケットの深さの測定やレントゲン撮影を行い、治療が行えるかどうかを判断します。

再生療法の適応部位

垂直方向に骨が失なわれている部位が適応となります

垂直性骨吸収のイメージ
垂直性骨吸収のイメージ

水平的に骨が失われている部位は適応となりません

水平性骨吸収のイメージ
水平性骨吸収のイメージ
2)歯周外科手術

手術は麻酔をかけて行います。まず治療する部分の歯肉を切開し剥離します。次に歯根表面をきれいに清掃し、治療箇所に歯周組織再生用材料のエムドゲインゲルを塗布します。最後に切開した歯肉を縫合します。

手術時間は約1時間で、手術後しばらく休んでいただいた後は帰宅できます。手術後2~6週間後に抜糸を行います。

エムドゲイン®ゲルとは

エムドゲイン®ゲルはスウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生用材料です。

エムドゲイン®ゲルの主成分は、赤ちゃんの歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質(エナメルマトリックスデリバティブ)です。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下精製され、世界44カ国以上で使用されています。

メンテナンス

良くなった後も、定期的に歯科医院に通院し、ご自身では取りきれない細かい汚れの除去をしたり、お手入れの方法を見直したりしていくことが大切です。

症例のご案内
ページの上部へ

HOME  |  医院のご案内  |  治療のご案内  |   アクセス  |   お知らせ

Copyright © Matsukawa Dental Clinic all rights reserved.